DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:社会に思うこと
学校現場での ニュースを目にすると 子供達は どうなるんだろうと 本当に心配になる。

信じられない問題が 子供たちに出されて、教える側の教師も 子供たちも 両方に思いは及んでしまう。

この前のランチのときもそうだけれど、最近 同じくらいの年齢の同僚と 『何か話が 通じない・ 話していて 言っているこちらのほうが おかしい? ということが多いように思うね』 と 話す。

同僚は 一つのテーブルに椅子が二つの席で 一人で 食事していたら 若い人が 何も言わずに もう一つの椅子を持って行ったんだけど、そういう時 なにか ひとこと言わない? と 言っていた。

使ってないのだから いいんだけど、私たちだったら 「いいですか?」と言うよねと 同意を求められた。私にも 目上の人が見たら 言いたくなることもあるだろうけどそういうときは 言うなあ。

おもちゃを 使っても もとある場所ではなくて 適当に 置いていくお母さん。 使った後は ぐちゃぐちゃ。

そして 子供といえば この前 大きな大人用の箸で 納豆ご飯を 食べていたので 小さな箸と スプーンを持って行ったら 受け取ると 「もういいから(むこうに行っていいよ の 意味)」 驚いた。

そういう時は 「ねえ もういいから は おかしいよね。 何か 言うことが あるよね。」 と 話をするのだけど、 家庭でも こうなんだろうかと そちらのほうも 心配になる。
DATE: CATEGORY:社会に思うこと
この週末 福岡に帰省していて 今日帰ってきた。
博多駅も 天神も 変わりつつあって 帰省するたびに 見慣れた 東京のお店の看板が 増えていく。

そんな中 友人と 天神の最近オープンした カフェレストランに 入った。友人が おしゃれで 一度入ってみたかったらしい。

そこで 880円のランチを選択、メイン1品選択であとは 和惣菜2品。

おしゃれな感じの白い皿にのって 出てきた。
でも・・・

十五穀米  ぱさぱさで 茶碗の下は 塊がある。 開店直後なのに お冷ご飯をレンジでチン?

味噌汁   かき混ぜても 味噌の濃度がないような 味の薄さ

切り干し大根と 筑前煮  とにかく 冷たくて 里芋は 噛むと 冷たさがじわり

食べてみて 煮物って 温かくないにしても せめて常温じゃないかな? と まだ 他に1組しか 客はいなかったので そっと 若い店員さんに聞いてみた。

「ごめんなさい。 ランチの煮物って 冷たいの?」
すると 何 言ってるの? 当然という表情で

「 はい、そうです。 冷蔵庫から出したものを 皿に入れるので 冷たいんです!!」

それって タッパか何かに入れていた 作りおきを そのまま 冷蔵庫から出して 皿に入れたってこと?になるよなあ。

でも それを 客の前で 言い切ることに 疑問を感じるのは 私の世代だけなのかなあ。



DATE: CATEGORY:社会に思うこと
祝日に 昼食のバイキングに行った。 それほど大きなところではなくて こじんまりしているレストランで
席数も少ないのだけれど、さすがに 祝日でもあり 家族連れが 2組いた。

その中の1組は 幼児と夫婦とおじいちゃんの3世代、 ほほえましく見ていたら 食べ始めると レストランの雰囲気が一変した。

幼児が 食べながら ぎゃーぎゃー ぐずり始めた。 ソファーに横になるし 食べては 騒ぐし、注意してもいんじゃない? と 私だけではなく 他のひとたちも 気になるのか 見ていた。

でも 母親も 父親も 一向におかまいなしに 食事している。 さらに そのおじいちゃんまでが ただ ひたすら食べている。

子供がこういう状態になると とても 自分たちが食べる状況でも 気分でもなく あわてて 出るか 交代で子供をあわてて 連れて出たりしたと思う。 でも  おじいちゃんまで 何も言わない。

ほかの客が 気にしながら見ていても 気にならない親とその親、そのほうが 気になった 昼食だった。

DATE: CATEGORY:社会に思うこと
先週から 実習にきていた学生を 指導する大学の先生の話によると 『今の学生は 指導がしにくい。 自分は出来ると プライドは高いけれど、マニュアルどおりのことしか出来ない。 

何か指導すると すぐに 落ち込む。』 らしい。 

う~ん 見ていて 確かにと思う。

ただ 今の学生や 新人たちというと うちの息子たちにも 当てはまり 確かに・・・と思うだけではなくて
同じように 言われているんだろうなあと 思ってドキッとする。

でも 若いときは ある程度の 自分は出来るという自信も必要だし  反省することも 大切だと思うし、 若い子を 育てるというのも、 子育てと 同じようなものかなあ。

育てるほうも 忍耐と 勉強だった。
DATE: CATEGORY:社会に思うこと
通勤電車には 女性専用車両があって 毎日利用する人は それがわかっているけれど、知らずに乗り込む人もいる。

やはり 急いで乗ってきて 席を確保して ほっとしたような 20代の男性、 教えてあげたほうがいいなと思ったけれど、その外見に 戸惑ってしまった。

ぱっと見たときは 男性!と思ったのだけれど、 見ていると わからなくなった。

小柄で ショートカット、スラックスに Tシャツ、 男性だと思うんだけど、手提げは ピンクの布地。

女性と言われれば 確かにそうも見える。

こういう場合 「小さな親切 大きなお世話」 に なりかねないどころか 「大変な 失礼」 ということになる。

でも 座れなくなるのでは と 心配していたら 慌てて 隣の 車両に出て 行った。

やはり 男性だった。

copyright © 2017 あれから なんしようと? all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。